腫れない!二重埋没法クリニックNavi

失敗しない二重埋没法のためのお役立ちサイト

腫れない!二重埋没法クリニックNavi

点数による違い

腫れぼったい目、眠たそうな目、一重で小さい目など人の悩みはそれぞれですが、「二重にしたい」「もっと可愛くなりたい」「メイク映えする目元になりたい」などみんなが願うことは同じはず!

しかし、目の悩みが違えば、施術の方法も変わります。こちらでは、埋没法の種類と目のタイプ別に合う施術をご紹介します。

まず、知っておこう!埋没法とその種類

まぶたの裏から細い糸を通して上瞼を固定し、二重をつくるのが、二重整形の施術法のひとつである埋没法です。留め方に種類があり、1点留め、2点留め、3点留めというものがあります。1点、2点というのは、まぶた内側の結び目の数を指します。

あなたに合う埋没法は?

まぶたが薄い方などは、埋没法の1点留めでナチュラルな二重を作ることもできますが、糸が支えきれずに切れたりゆがんだりして、もとに戻ってしまうリスクがあります。そのため埋没法では2点留めが基本ですが、まぶたが厚いなど、ごくまれに3点留めが必要な場合があります。

一般的には、複数の点でとめたほうが二重を長期にわたってキープできると考えられていますが、留める点数が増えれば体への負担も増えてしまいます。医師によっては複数点とめてもあまり関係がないという人もいるようです。

2点留めの施術を得意とする医師の在籍や施術の実績も多く公開されていますので、信頼できるクリニックでのカウンセリングをおすすめいたします。

1点留め

料金が安く、手軽に受けられる負担の少ないプチ整形です。「毎朝のアイプチがめんどくさい」という方におすすめ。体への負担もコストも少なくてすむのが特徴です。

  • まぶたの皮膚が薄い人
  • ラインの微調整を行いたい人

極細の医療用糸を用いてまぶたを内側から1ヶ所だけ留めて、切開することなく二重を作ります。まぶたに通す糸の量が少ないので二重のラインがくっきりと出にくいのですが、まぶたの真ん中だけを留めるため目頭と目尻の脂肪が自然に落ち、アジア人に多い「自然な奥二重」の目元を作ることができます。

まぶたに脂肪がほとんどついていない方やまぶたの脂肪を除去してから施術を行える方、整形したことを周囲にバレたくない方に向いている施術といえます。

施術時間はそこまで長くありませんが、まぶたに針を刺すので術後に腫れが出ます。腫れが出る程度や期間には個人差があるものの、多少目立つ腫れが1~3日続くという方が多いようです。腫れが引くと、次はまぶたが浮腫んできます。1週間ほどで浮腫みは解消され、二重のラインが現れるように。完全に二重が定着するまで、4週間ほどかかります。

1点留めの注意点

まぶたのたるみが多い人は、1本の糸だけではたるみが均等に持ち上がらず、きれいな二重にならないことも。また、人によっては、数ヶ月から1年ほどで元に戻ってしまうこともあるようです。カウンセリングの際、あらかじめ医師に仕上がりを確認しましょう。

費用と施術時間の目安

2点留め

施術を受ける前には麻酔を使うので、痛みを感じることはありません。1点留めよりも確実に二重のラインを作りたい方におすすめです。

2点留めは、まぶたに糸の結び目を2ヶ所作り、二重を作る施術法です。1点留めより、費用は少しかかってしまいますが、ダウンタイムなどの負担も1点留めと大差はありません。また、まぶたが厚くて1点留めでのプチ整形をあきらめていた方でも、美しい二重ができる可能性もあります。

  • まぶたが厚い人
  • 二重を長期にわたってキープしたい人

目尻に向かってラインが広がる「末広タイプの二重」が作れます。日本人の二重にはこのタイプの方がほとんど。そのため、日本人ならどんな顔立ちにもマッチしやすく、違和感のない仕上がりになります。このタイプの二重は女優やタレントにも多いので、受けの良いスタイルだといえるでしょう。

術後から3日ほどは腫れが目立ちます。あわせて内出血が現れる方も。腫れが引いても浮腫みが約1週間続きます。この間はアイメイクができるため、浮腫みを隠すことが可能です。施術から1週間ほど経って浮腫みが取れるころ、二重が現れます。それから1ヶ月後には二重のラインが定着するでしょう。

2点留めの注意点

まぶたの状態にもよりますが、二重埋没法の2点留めは平均3~5年ほどで戻ってしまうこともあるようです。あらかじめカウンセリングで仕上がりを医師に確認しましょう。

費用と施術時間の目安

3点留め

メスを使う手術をする勇気はないけれど、どうしても目頭までくっきりした幅のある二重を希望する方は、3点留めをおすすめします。

3点留めは、1点留めや2点留めよりも二重ラインのキープ力が強く、切開する施術法よりもダウンタイムなどの負担が少ないです。切開法よりも低コストでの手術といえるでしょう。

  • 目頭までくっきりしたい人
  • 二重を長くキープさせたい人

ハーフのようなはっきりした目元を演出できる「平行二重」が作れます。埋没法では難しいとされる幅広の平行二重も、3点留めで形成可能です。

彫りの深い外国人に多いタイプで、目の上の縁に沿ってぱっちりとした平行ラインができあがります。顔立ちによっては似合わない方もいるので、違和感をなくすために二重の幅を狭く調整することも。平行二重にしたからといって日本人に似合わないということはありません。自分に合う二重のラインは、医師とカウンセリングをしっかり行って決めるといいでしょう。

術後やその翌日はかなり腫れが出ます。まぶたを閉じると傷跡が見えてしまい、整形がバレる可能性も。施術から数日は仕事を休んだほうが無難。

腫れは1日経つごとに少しずつ治っていき、傷跡も徐々に目立たなくなります。1週間くらいではじめの違和感が少なくなり、いわゆる「腫れぼったい目」という程度に。その後もゆっくりと腫れが引いていき、1ヶ月経ったころにはくっきりした二重ラインが定着するでしょう。

3点留めの注意点

1点留めや2点留めよりも留める箇所が多くなる分、費用が高くなります。また、負担の少ない埋没法とはいえ、糸で留める箇所が増えた分だけ負担も増えます。将来的に二重が消失してしまう可能性もあります。

あらかじめカウンセリングで医師に確認し、ほかの手術法と比較、検討してみましょう。

費用と施術時間の目安

腫れない!バレない!二重埋没法でおすすめのクリニックはこちら
腫れない!バレない!二重埋没法でおすすめのクリニックはこちら

Copyright © 腫れない!二重埋没法クリニックNavi All Rights Reserved.