腫れない!二重埋没法クリニックNavi

失敗しない二重埋没法のためのお役立ちサイト

腫れない!二重埋没法クリニックNavi

埋没法は腫れないって本当なの?

埋没法の手術は本当に腫れないのか?を解説し、腫れが少ない(痛みが少ない)といわれている理由を説明します。

埋没法は腫れや痛みが少ない理由

針で皮膚を縫う埋没法。簡単なプチ整形なので腫れや痛みが少ないといわれていますが、個人差もありますし、メスを使わないとはいえ針で皮膚を縫うのですから、術後の腫れや痛みは多少あるようです。

ではなぜ腫れや痛みが少ないといわれるのでしょうか。メスを使った「切開法」と比較して、そういわれるのかもしれませんね。

この埋没法ですが、ちょっとした工夫やコツで痛みや腫れを軽くすることが可能です。埋没法の術後に腫れない方法を挙げてみましたので、参考になさってはいかがでしょうか。

埋没法の痛み

まず、埋没法で一番痛いのは、麻酔注射を打つときの針の痛みです。とはいえ、痛みの感覚には個人差があるので埋没法を受けて「痛かった」という人もいれば「思ったより痛くなかった」という人もいます。

痛みに弱い方は、痛みを和らげる対策を行っているクリニックを選ぶとよいでしょう。麻酔注射の痛みを和らげるために、事前にまぶたに麻酔クリームを塗って痛みを軽減してくれるクリニックもありますし、麻酔注射の針を極細に変更してくれるクリニックもあります。

また、恐怖心で体に力が入っていたりすると内出血の原因となるので、まぶたに麻酔注射を打つ際には深呼吸をして、リラックスするように心がけて下さい。

施術後は麻酔がまだ効いているので、痛みはありません。施術後、数時間で麻酔が切れた後も、痛み止めの薬を飲むほどではないという方、チクっとするという方、いろいろです。これらも個人差がありますので、心配な方は病院で処方される痛み止めを飲んで対処しましょう。

埋没法の腫れ

次は気になる腫れについてですが、手術後2、3日目が一番腫れるといわれています。腫れがほぼ目立たなくなるまでは約1週間程度。ただ、手術後2日目からアイメイクが可能になるので、多少腫れていても、見た目はメイクでカバーできます。

そして大切なのは目を休めること、本やスマホをついつい見てしまいがちですが、術後3日間は可能な限り目を使わないように心がけましょう。

そして、目を冷やすことも大切です。1回数分~数十分、1日数回冷やすと効果的です。冷やし方のポイントは、傷に触れないようにすること。直接まぶたを冷やすのではなく、こめかみやまぶたの上を冷やすようにすること。腫れ具合にもよりますが、冷やすのは2〜3日で大丈夫です。

二重まぶたの「埋没法」は基本的にはほとんど腫れませんが、体質などの個人差もあります。アトピー性皮膚炎でまぶたの皮膚に炎症がある人も腫れやすい傾向があります。

それでもなんだかおかしい、と思う場合は、すぐに手術を受けたクリニックに問い合わせるようにしましょう。

本当に腫れない?口コミ体験談

埋没法手術が終わって数日の間は、昼間の腫れがおさまっていたのに、翌朝鏡を見てみたら、腫れが戻っていて驚きました。すぐにクリニックに電話で問い合わせたところ、「むくみなので心配ない」といわれました。こんなんとき、きちんと対応していただけるクリニックでよかったです。(20代女性)

手術中に緊張して目に力が入ると、まぶたが腫れたり、内出血しやすくなったりすると聞いていたので、クリニックの雰囲気やスタッフの質は大事だと思いました。私の場合、麻酔注射の痛みを和らげるために事前にまぶたに麻酔クリームを塗ってもらい、だいぶラクになりました。(30代女性)

多少腫れても、人にばれないようにどうやってごまかすかを考えておくといいです。私は手術の少し前から、太いフレームの眼鏡に変えたり、アイメイクを濃くしたりして準備をしました。幸い、腫れはすぐ引いたので助かりました。私の会社は全然休めないので。(30代女性)

腫れがほぼ目立たなくなるまで約1週間かかりました。友達はこんなに時間がかからなかったのに……同じクリニックで同じ先生にやってもらったのに……(涙)。やっぱり、個人差がありますね。(20代女性)

「2、3日くらいは腫れが予想されます」といわれたので金曜日に手術をしたのですが、心配していたほどの腫れにはなりませんでした。痛み止めも飲まずにすんだのでよかったです。(30代女性)

腫れない!バレない!二重埋没法でおすすめのクリニックはこちら