腫れない!二重埋没法クリニックNavi

失敗しない二重埋没法のためのお役立ちサイト

腫れない!二重埋没法クリニックNavi

再手術について

埋没法は元に戻すことが可能な手術ですが、実際に手術をやり直す場合の注意点についてご説明します。

再手術するときに知っておきたいこと

埋没法はメスによって二重のラインを形成する切開法とは違い、糸で留めるだけなので、その糸をほどいてしまえばまぶたを元の状態に戻したり、やり直すこともできる手術です。

ただ、やり直す場合カウンセリングで自分の要望をきちんと伝えることが特に重要になってきます。せっかくやり直しても、満足な出来にならないと意味がありません。クリニックごとにカウンセリングの方法や力の入れ方がかなり違うので、再手術を考えた際はぜひ比較してみてください。

切開法の二重術のように、ダウンタイムが長く、二重が安定しないために仕上がりのまぶたがはっきりとしない状況では、そういったケースも多数あったかもしれません。

例えば、イメージをもう少し変えたいというケースなどもあると思いますので、そういったときに再手術をする際、気をつけたい点をご紹介します。

埋没法の1回目でも2回目でもそれ程大きな違いはありません。しかし、抜糸を一緒に行った場合は内出血が多めに出る可能性があるようです。そのため必ず抜糸しなければいけないという事はなく、トラブルが起こるケースは稀で糸がまぶたに残っていても問題はないようです。

ただし、1回目の埋没法のラインが邪魔して2回目のラインがうまく出ない場合などは抜糸をすすめられるかもしれません。

仕上がりを見てみたら二重の幅がイメージと違ったり、もう少し変えたいというケースもあると思いますが、そういったときに再手術をする際、気をつけたい点をいくつかご紹介します。

1.埋没法が合わない場合もある

まぶたの皮膚が厚いと埋没法では二重のラインができにくいことがあります。まぶたが厚い人は、埋没法よりも切開法が向いていますが、脱脂を行い、まぶたを薄くしてから埋没法を行う手術もあります。次のページで詳しく解説していますので、チェックしてみてください。

2.やり直す前と同じクリニックで再手術しない

糸がほどけてしまったときにアフターケアで再手術をする場合を除き、埋没法のやり直しは違うクリニックで受けることをオススメします。仕上がりが気に入らなかった場合は当然ですが、同じクリニックでもう一度手術を受けても前回と似たような結果にしかならない可能性が高いためです。

3.再手術の注意点

埋没法を簡単にやり直すことができるのは術後2ヶ月以内だと言われています。

なぜなら、埋没法は修正しやすい手術なのですが、術後、数ヶ月経ってしまうと二重のクセがつき、使用した糸も透明になって目立たなくなります。抜糸しにくくなってしまうので、やり直すなら前回の手術からできるだけ早い段階で行いましょう。

埋没法の他院修正、どこに依頼するべき?

二重整形の中でもとくに広く普及している埋没法は、全国650以上のクリニック(2017年8月時点)で行なわれています。

それぞれのクリニックで行われている方法が違う事や、まぶたというデリケートな部分の施術という事もあり、埋没法の修正は非常に高い技術が求められます。

医師の技術力を測ることは、素人目には難しいのが現実。少しでも信頼できるクリニックを選ぶ為には、実際に施術を受けた人の口コミを見るのが一番です。当サイトでは、カウンセリングが充実していて口コミ評判が高いクリニックを厳選して紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

埋没法を他院修正する際の費用相場

埋没法の他院修正は、多くのクリニックでメニューのひとつとして数えられています。

その相場は約40,000円~120,000円程度。通常の埋没法と同じように、固定箇所を何点にするかによって費用は大きく変動します。

埋没法の他院修正でよくある質問

埋没法は何度でもやり直せるの?

まぶたを切り開き、形ごと作り替える切開法と違い、埋没法は糸を埋め込むだけの為、やり直しが効きやすい二重整形と言えます。

しかし、埋没法は繰り返し行うとその分まぶたに負担がかかり、違和感を感じてしまう可能性があります。なるべく1回、修正を含めても2~3回に留めておいた方が良いでしょう。

余計に傷跡が目立ったりしないの?

埋没法で埋め込まれた糸は徐々に身体に馴染んでいってしまう為、時間が経てば経つほど糸を取り出すのが難しくなります。

目安としては数週間~2ヶ月程度であれば、切開の必要も無く抜糸する事が可能なようです。切開まで行ってしまえば腫れや傷は大きくなり、治るまでの時間も長くなってしまうので、少しでも気になるのであれば早めに医師へ相談することをおすすめします。

他院修正はどこのクリニックでもやっているの?

他院修正は非常に高い技術が求められるため、どこのクリニックでも行なわれているわけではありません。

ただ、ホームページに他院修正の内容を記載していないだけの可能性もありますので、気になったクリニックには一度問い合わせてみると良いでしょう。

埋没法は失敗しやすいって本当?

プチ整形として人気の埋没法ですが、糸がすぐに取れてしまうといったネガティブな意見も散見されます。

何故そのような話が広まってしまったのかは、医師による技術力や、施術方法の違いにありました。

そもそも埋没法は、クリニックによって使用する糸、糸を固定する方法がそれぞれ異なります。どれが正しくて良い方法なのかは、素人目では判断することができません。

また、まぶたの重さや脂肪の多さ、希望するまぶたの形によって糸を固定する数は変わります。多くの箇所を止めるほうが取れにくく、逆に医師の判断が甘く、固定箇所を少なく見積もってしまった場合は糸が取れやすくなると言えるでしょう。

当然、仕上がりは医師の経験や技術に左右されますので、失敗を避けるためにもクリニック選びには力を入れるべきです。

腫れない!バレない!二重埋没法でおすすめのクリニックはこちら