腫れない!二重埋没法クリニックNavi

腫れない!二重埋没法クリニックNavi

失敗しない二重埋没法のためのお役立ちサイト

やり直しはできるの?

埋没法は元に戻すことが可能な手術ですが、実際に手術をやり直す場合の注意点についてご説明します。

再手術するときに知っておきたいこと

埋没法はメスによって二重のラインを形成する切開法とは違い、糸で留めるだけなので、その糸をほどいてしまえばまぶたを元の状態に戻したり、やり直すこともできる手術です。

仕上がりを見てみたら二重の幅がイメージ違ったり、もう少し変えたいというケースもあると思いますが、そういったときに再手術をする際、気をつけたい点をいくつかご紹介します。

1.埋没法が合わない場合もある

まぶたの皮膚が厚いと埋没法では二重のラインができにくいことがあります。まぶたが厚い人は、埋没法よりも切開法が向いていますが、脱脂を行い、まぶたを薄くしてから埋没法を行う手術もあります。皮膚の厚さについては医師に相談してみましょう。

2.やり直す前と同じクリニックで再手術しない

糸がほどけてしまったときにアフターケアで再手術をする場合を除き、埋没法のやり直しは違うクリニックで受けることをオススメします。仕上がりが気に入らなかった場合は当然ですが、同じクリニックでもう一度手術を受けても前回と似たような結果にしかならない可能性が高いためです。

3.再手術の注意点

埋没法は修正しやすい手術なのですが、術後、数ヶ月経ってしまうと二重のクセがつき、使用した糸も透明になって目立たなくなります。抜糸しにくくなってしまうので、やり直すなら前回の手術からできるだけ早い段階で行いましょう。

このような理由から、埋没法を簡単にやり直すことができるのは術後2ヶ月以内だと言われています。

 
ページの先頭へ

腫れない!二重埋没法クリニックNavi