腫れない!二重埋没法クリニックNavi

腫れない!二重埋没法クリニックNavi

失敗しない二重埋没法のためのお役立ちサイト

気になる痛みやダウンタイムは?

ここでは、埋没法を受けたあとの痛みやダウンタイムについて説明します。

メスを入れない埋没法は安全性の面で人気

痛みや腫れ

今では多くの美容外科で行われており、費用も手頃で手術時間も短いため、二重まぶたの手術の中でもっとも人気のある埋没法。

まぶたの皮膚を切り取る切開法での二重まぶたの手術しかなかったころには、痛みや腫れが長引き手術してから回復するまでに長い時間が必要でした。ダウンタイムとは、この手術してから回復するまでの期間のことを言います。

そして、このダウンタイムを無くすために開発されたのが埋没法です。多少の個人差はあると考えられますが、埋没法の場合はダウンタイムについてあまり神経質になる必要はないようです。

埋没法の麻酔は、患者の負担を考慮して、目薬と局所麻酔の注射で行われます。まぶたというデリケートな部分にほどこす麻酔には痛みの少ない細い針が使われ、クリニックによっては、麻酔クリームなどで注射の痛み自体もやわらげているところもあるほどです。

術後の腫れが少ないことで大評判!芸能プロダクション提携クリニックはココ!

合併症やトラブル

人気の「埋没法」実は歴史のある手術なのをご存知ですか?

1920年代に日本でさかさまつ毛の手術をする技術があり、現在の埋没法は、その応用をしたと言われています。話題になったのは、高須クリニックの高須克弥先生が「プチ整形」という言葉とともに広く普及させてからです。そして、埋没法は進歩を続けてきました。今でも各クリニックがより患者にあったまぶたを作るために、技術や器具を開発しています。現在広く普及している埋没法は、トラブルを最小限にするための努力が続けられて生み出されたものなのです。

現在ほとんどのクリニックで行われている埋没法は、糸をまぶたの裏から通すのではなく、二重に沿ってラインを形成する方法が取られています。ただ、未だに旧式の手術方法で行っている美容整形外科も多く、良く下調べせずにこういったところで手術を受けてしまうと、満足のいく二重にならないリスクがあります。口コミなどには、特に目を光らせておくべきでしょう。

カウンセリングを入念に行い、アフターケアのしっかりしたクリニックであれば、ほぼ安心してよいのではないでしょうか。あなたの望む二重を手に入れるためにも、クリニックは慎重に選びましょう。

 
ページの先頭へ

腫れない!二重埋没法クリニックNavi