腫れない!二重埋没法クリニックNavi

腫れない!二重埋没法クリニックNavi

失敗しない二重埋没法のためのお役立ちサイト

気になる腫れや痛み、ダウンタイムは?

ここでは、埋没法を受けたあとのダウンタイムについて説明します。

安全性が人気・メスを入れない最新の手術

ダウンタイムとは手術してから回復するまでの期間のことを言います。

痛みや腫れ

二重まぶたの手術の中でも、埋没法は腫れが少ないのが人気の理由。

当初、二重と言えば切開法が主流の時期がありました。ただ、この切開法はまぶたにメスを入れるために痛みや腫れがあり、ダウンタイムが長いのがデメリットでした。

のちに埋没法が開発されましたが、これはメスを使わず、傷跡の残らないことから画期的な二重形成手術として瞬く間に人気に!評価されたのは、その手軽さと痛みや腫れの少なさ、手術時間とダウンタイムの短さでした。

埋没法の麻酔は、患者の負担を考慮して、目薬と局所麻酔の注射で行われます。まぶたというデリケートな部分にほどこす麻酔には痛みの少ない細い針が使われ、クリニックによっては、麻酔クリームなどで注射の痛み自体もやわらげているところもあるほどです。

術後の腫れが少ないことで大評判!芸能プロダクション提携クリニックはココ!

合併症やトラブル

現在の埋没法は、糸をまぶたの裏から通すのではなく、ほとんどのクリニックで二重に沿ってラインを形成する方法が取られています。ただ、未だに旧式の手術方法で行っている美容整形外科も多く、良く下調べせずにこういったところで手術を受けてしまうと、後遺症が高まるというリスクがあります。

口コミなどには、特に目を光らせてください。技術がないばかりにメスを使わないはずの埋没法で切開を行って傷が残ったり、合併症による腫れや、強い薬品によるトラブルの例も聞かれます。

後遺症を避けるためにも、クリニックは慎重に選びましょう。

 
ページの先頭へ

腫れない!二重埋没法クリニックNavi