腫れない!二重埋没法クリニックNavi

失敗しない二重埋没法のためのお役立ちサイト

腫れない!二重埋没法クリニックNavi

痛みとダウンタイムについて

埋没法のダウンタイム

埋没法のダウンタイムについて、大手美容クリニックの湘南美容外科が、公式サイトに例示しているダウンタイム期間は次のとおりです。

手術名 期間
ナチュラルベーシック法 1週間
湘南二重術 1週間
腫れづらいばれづらい二重術 2~3日
クイックコスメティーク法 ほぼなし
フォーエバー二重術 2~3日

このデータでは、腫れが引くまでの期間がどれくらいかを表しています。内出血を引き起こしやすい方は、もう少し長くダウンタイムがかかると考えていいでしょう。もちろん個人差があるので、施術が完了するまで1ヶ月ほどかかる人もいます。

手術を受けるなら何日休めばいい?

「どのくらい学校や会社を休めばいいのか」は、二重まぶた埋没法に関する質問としてよく挙げられています。

埋没法はメスを使わない手術なので、切開法や眼瞼下垂術などの皮膚を切開する手術と比べても、圧倒的に術後の腫れは少なく、腫れが出る期間も短いです。

ただ、術後2~3日くらいはそれなりに強い腫れが出ます。学校や仕事を休んで手術を行う方は、手術する日を入れて3日間ほど休みを取ってから手術に臨む場合がほとんどです。

術後2日目からアイメイクができるようになり、多少腫れが残っていてもメイクでカバーできます。そのため、3日間休みがあれば十分なのです。腫れを見られても気にならない方や、友人や同僚に整形がバレても構わない方は、施術翌日から登校・出勤しても全く問題はありません。

手術直後のメイクができない期間はどうする?

施術直後は、基本的にアイメイクをすることができません。手術跡をうまく隠すには、クリニックにサングラスの持参をおすすめします。サングラスを持っていなくても、フレームの太い黒縁メガネなどで代用可能。

施術では局所麻酔を行うので、ドクターから車の運転は避けるように言われます。クリニックへの行き帰りは、電車やバスに乗ることを想定しておきましょう。予想以上に目元が腫れることもあり、視界不良になりやすいからです。

二重を早く綺麗にするために日常生活で気を付けること

早くキレイな二重になるために、日常生活で心がけたい過ごし方を紹介します。

まぶたを冷やす

まぶたを冷やすことで炎症を抑えられます。患部を直接冷やすと凍傷になる恐れがあるため、冷却材は薄いタオルで包んでからそっと患部に当てて冷やすといいでしょう。

アイメイクを控える

術後の腫れや内出血が出ているまぶたは、メイクでカバーしたいもの。ですが、メイクをすることで雑菌が傷跡に入る恐れがあります。翌日からメイクはできますが、術後の腫れが引くまではなるべくアイメイクを控えたほうが良さそうです。

特に、メイクを落とすクレンジングはまぶたにかなりの負担がかかります。

血行を良くする活動を極力控える

血行が良くなると腫れや内出血がひどくなってしまうので、極力避けたほうがいいでしょう。施術直後の入浴や洗顔はできるだけ控えたほうが◎。

翌日以降はぬるめのシャワーなどで済ませて、洗顔も水かぬるま湯で行うようにしましょう。術後1週間ほどはサウナ・飲酒・運動で体を温めすぎないことが重要です。

タバコを吸わない

喫煙は血流を悪くしてしまうので、傷の治りを遅くする恐れがあります。喫煙者は傷跡が消えるまで禁煙をすることがおすすめです。

埋没法の痛みはどう?実際に受けた人の声

我慢できるぐらいの痛みでした。

「痛みについてちゃんと説明を受けたので、不安はありませんでしたが、施術のときはやはり痛かったです。でも、麻酔の注射が終われば後は痛みを感じません。施術後は化膿止めの目薬、痛み止めを処方してくださり、ダウンタイム中に痛みに泣くようなこともありませんでした。」

痛みを感じることがありませんでした

「施術前に再度詳しく説明して下さり、手術もスムーズに痛みもほとんどなくあっという間に終わりました。ダウンタイムも聞いていたほどかからず、痛みが少ない方だったかもしれません。術後5年経ちますが、いまだに糸も取れず、自然な感じに二重をキープできています。」

一重コンプレックスが消えました

「綺麗な二重になりたくて、手術を決意し、ダウンタイムの期間を設けて施術を受けました。麻酔の注射は少し痛かったけど、我慢できないほどではありませんでした。腫れは3日ほどでだいぶ目立たなくなりました。憧れの綺麗な二重になったので大満足です。 」

理想の二重ラインが手に入りました

アイプチをずっと使用していましたが、友人が施術を受けて二重になったのを見て、私も施術を決めました。怖がりの私は麻酔の注射も怖かったのですが、全然痛みを感じませんでした。施術も30分ぐらいであっという間に終わりました。施術後はまぶたが突っ張るような感じがありましたが、腫れも思ったより少なく、あまり気になりません。こんなに簡単なら、もっと早く受ければよかったです。

メスを入れない埋没法は安全性の面で人気

痛みや腫れ

今では多くの美容外科で行われており、費用も手頃で手術時間も短いため、二重まぶたの手術の中でもっとも人気のある埋没法。

まぶたの皮膚を切り取る切開法での二重まぶたの手術しかなかったころには、痛みや腫れが長引き手術してから回復するまでに長い時間が必要でした。ダウンタイムとは、この手術してから回復するまでの期間のことを言います。

そして、このダウンタイムを無くすために開発されたのが埋没法です。多少の個人差はあると考えられますが、埋没法の場合はダウンタイムについてあまり神経質になる必要はないようです。

埋没法の麻酔は、患者の負担を考慮して、目薬と局所麻酔の注射で行われます。まぶたというデリケートな部分にほどこす麻酔には痛みの少ない細い針が使われ、クリニックによっては、麻酔クリームなどで注射の痛み自体もやわらげているところもあるほどです。

痛みを抑える方法は?

埋没法は他の施術方法に比べて術後の痛みや腫れが比較的少なく済むうえ、ダウンタイムも短いメリットがあり、美容外科では人気の手術です。

しかし、人気の埋没法であっても、やはりみなさんが気になるのは「痛み」や「腫れ」でしょう。確かに埋没法でも、麻酔注射を打つ針の痛みはあります。ですが、一番痛いのがこの麻酔注射の痛みであって、実はこの痛みを乗り越えれば、「意外と平気だった」「痛みを感じなかった」という方が多いのです。

ちなみに、埋没法の場合は「表まぶた」とまぶたの裏側である「裏まぶた」の2カ所に注射を打ちます。どちらかというと「裏まぶた」の方が痛いと言われるようですが、痛みの受け方は個人差があるので、注射自体が大丈夫だったという人も中にはいらっしゃるようです。

施術後に麻酔が切れると痛みが出てきますが、病院では痛み止めなどが処方してもらえるので、それほど心配することはありません。

痛みを感じる方でも、2、3日すれば痛みは自然と引くので、痛み止めで対処できる場合がほとんどです。

合併症やトラブル

人気の「埋没法」実は歴史のある手術なのをご存知ですか?

1920年代に日本でさかさまつ毛の手術をする技術があり、現在の埋没法は、その応用をしたと言われています。話題になったのは、高須クリニックの高須克弥先生が「プチ整形」という言葉とともに広く普及させてからです。そして、埋没法は進歩を続けてきました。今でも各クリニックがより患者にあったまぶたを作るために、技術や器具を開発しています。現在広く普及している埋没法は、トラブルを最小限にするための努力が続けられて生み出されたものなのです。

現在ほとんどのクリニックで行われている埋没法は、糸をまぶたの裏から通すのではなく、二重に沿ってラインを形成する方法が取られています。ただ、未だに旧式の手術方法で行っている美容整形外科も多く、良く下調べせずにこういったところで手術を受けてしまうと、満足のいく二重にならないリスクがあります。口コミなどには、特に目を光らせておくべきでしょう。

カウンセリングを入念に行い、アフターケアのしっかりしたクリニックであれば、ほぼ安心してよいのではないでしょうか。あなたの望む二重を手に入れるためにも、クリニックは慎重に選びましょう。

また、埋没法を受けた後の内出血や腫れについてもまとめていますので、目を通してみてください。

腫れない!バレない!二重埋没法でおすすめのクリニックはこちら
腫れない!バレない!二重埋没法でおすすめのクリニックはこちら

Copyright © 腫れない!二重埋没法クリニックNavi All Rights Reserved.