腫れない!二重埋没法クリニックNavi

失敗しない二重埋没法のためのお役立ちサイト

腫れない!二重埋没法クリニックNavi

周りにバレないテクニック

二重にする方法として、一番簡単なのはアイプチ。そして手術をするなら切開法と埋没法という二つの方法があります。

特に埋没法は、切らない手術として人気があり、プチ整形と言えば、埋没法をイメージするくらい、手軽な印象もあります。

なぜ埋没法はバレないと言われるのか?

埋没法は、糸でまぶたの裏を固定して二重の線を作る方法ですので、痛みもあまりなく、手術時間は10分程度、また、術後の腫れなども少ないなど、手術としては簡単にできるものです。では、なぜばれない施術とよく言われるのか、その理由をご説明します。

柔軟な対応ができるので仕上がりが自然になる

留める場所を、2点、3点、4点と変えることで二重の幅や形などを調整することができます。目の形、まぶたの状態にあわせながら、何点留めにするかを考え、自然な二重を実現させるのが特徴です。

戻そうと思えばいつでも戻せる

基本的に糸で留めてあるだけですので、糸を取れば元に戻ります。もし手術後に気に入らなければ、幅や形をかえてやり直すこともできますし、元通りにすることができる安心感もあります。

アイプチより安定感がある

アイプチは手軽と言えば手軽な方法ですが、毎日同じように二重にするのは結構大変なことで、それなりにテクニックがいりますし、脂肪が多いまぶただと、なかなか上手にいかず、不自然になってしまいます。何より目を閉じた時にもちょっと不自然な感じがあります。

切開法と比べ腫れが圧倒的に少ない

切開法は手術をすれば半永久に二重の状態になりますが、元には戻せないですし、術後もすっかり腫れがなくなるまでには、数ヶ月はかかりますので、やはりバレてしまう確率は高くなってしまいます。

術後の腫れなどのことを考えても、埋没法であればバレる心配は少ないと言っていいでしょう。

二重整形がバレちゃう人はコレが原因

二重手術をしたことは、人にバレたくない…そう思っている方も多いと思います。ただ、埋没法で手術を行った場合、バレることは少ないです。もちろん、バレることをしてしまえば別ですが…。

では、どんなことからバレてしまうのか?その原因と対処法を紹介しましょう。

パターン1「腫れていてバレる」

埋没法だったとしても、術後の数日はどうしても腫れが出てしまいます。腫れの度合いは人によって差がありますが、やはり術後すぐに人に会えば、バレてしまいます。

バレないためには、腫れが目立つ期間は人に会わないのが一番です。家にいて、早く腫れがひくように氷などで冷やしたりしながら過ごすのが基本です。だいたい2日~4日くらいを目安に、休みを取るなどして準備をするようにしましょう。

パターン2「内出血でバレる」

埋没法の場合、あまり内出血は起こらないですが、内出血が起きた場合には、赤黒くなるので、人に会えばすぐにバレてしまいます。

腫れと同様に、おさまるまで家にいるのが一番と言えます。ただ、徐々に薄くなればメイクでカバーできますので、メガネをかけたりすればカモフラージュできます。メガネは意外に腫れや内出血を目立たなくするアイテム。黒や茶の太めのセルフレームがおすすめです。

パターン3「大きく変化してバレる」

当たり前と言えば当たり前のことですが、二重になれば以前とは印象が変わるので、それでバレることはあります。特に二重の幅が広いなど、大きく変化していればやはり印象も大きく変わります。

バレたくないと思っているのであれば、自然なラインになるように事前にイメージをよく相談しましょう。埋没法でも色々な手術法がありますので、よく説明を聞きながら、形も含め、目立たない方法など納得したものを選ぶことが大切です。

覚えておきたい言い訳集

埋没法とはいえ、術後の数日は腫れることも…。麻酔で針を刺す以上避けられない、内出血は特に覚悟しなければなりません。

できればメイクができるようになる2日後までは、サングラスまたは太め、濃い色のセルフレーム眼鏡で乗り切り、その後は、こんな方法で完全に落ち着くまでを過ごしてはいかがでしょうか?

  • 「あれ?なんか目の印象違うね」

濃いめ、特に黒に近いぐらいのグレーなどのアイシャドーをアイメイクに使います。

シャープに見せる効果がありますし、いつもがブラウン系メイクだったりすれば印象が違うのも当たり前か…と納得させられます。黒リキッドで太目にアイラインを入れればさらにシャープさが増します。

これでひと言「アイシャドー変えたからじゃない?流行りのビジネスウーマン風(笑)」でOK

  • 「二重にしたの?」

こんなにズバッと聞かれたら思い切って「逆さまつ毛の治療したの」というのもアリです。

逆さまつ毛は、まつ毛が内向きに生えてくる病気で、ひどい場合は手術で治療しますが、その際に埋没法が用いられることがあります。

二重にしてまつ毛が角膜につかないようにするそうです。美容のためじゃないんだということで、整形したんだ…というイメージはなくなるはず。

  • 「目、どうかしたの?」

これは片方だけ手術した場合に特に有効だと思いますが、眼帯をして「ものもらいができたの」ということにしてしまいます。これなら絶対にバレません。眼帯をとって、少し腫れぼったかったとしても、ものもらいが完全に治ってないと勝手に思ってくれます。

  • 「感じが変わった?」

普段の髪型にもよりますが、前髪をまぶたの上くらいにカットして目元を隠すという方法もあります。人は大きく変わったところのほうに目がいきますから、ある意味それで目くらましするということです。「イメチェンしてみたけど、どう?」なんてひと言で、感じが変わったのは髪型のせいか…と納得するはず。

病気のせいにするなど、言い訳をご紹介しましたが、普通は眼鏡とメイクでほとんど気づかれずに過ごせると思います。「バレたらどうしよう」なんて思っていると挙動不審になりそうですから、堂々とリラックスしていることも大事だと思います。

バレずに自然な二重整形を実現するための準備スケジュール

手術をした後に、突然メガネの人になったり、帽子を目深にかぶる人になったりすると「どうしたの?」ということになってしまいますから、事前の準備として、周囲の人に“印象付けておく”というのが良いかと思います。

1ヶ月前

コンタクトの人も、裸眼でOKの人も、とりあえずメガネを常用する人になりましょう。濃い色で太目のフレームのものがオススメです。もちろん、サングラスのほうが術後は良いですが、まさか仕事中にサングラスはかけていられないですから。

そして、普段ナチュラルメイクなら、アイラインをしっかりいれたり、濃いめのメイクにシフトしましょう。最近お化粧が濃くなったな…と印象付けられれば、術後に「あれ?」ということも避けられます。

できれば、前髪もつくっておくと良いでしょう。この3つが揃えば、かなり印象が変わるはずなので、「どうしたの?」と言われても、堂々と顔を見られて平気なうちに準備です。

1週間前

体調を万全にする為に、生活のリズムを整えましょう。夜はしっかり湯船につかって、しっかり睡眠をとる。お酒をひかえる、塩分をひかえる、など食事にも配慮しましょう。

買い物しておくのは、術後のアイシング用に目のあたりにのせやすいアイスノンのようなもの。ジェルタイプの熱くも冷たくもできるアイマスクなども便利です。

むくみやすい体質であれば、むくみをとる漢方薬などを買っておいても良いと思います。

腫れが落ち着く3日程度はお休みをするというのであれば、家にこもれるように食材や本なども準備。メイク雑誌などを買っておくと、術後、いろいろイメージしながら過ごせて楽しいかもしれません。

前日

手術自体は20分程度で終わってしまうものですので、緊張することもないですが、水分は控えめにして、早めに休みましょう。

当日はゆっくりお風呂に…という訳にはいかないので、ゆっくりお風呂にはいって、リラックスとむくみ対策をしっかりしておくと良いですね。

何事も無かったかのように二重整形を終える準備ができたら、あとはクリニックを選ぶだけ。このサイトではカウンセリングの充実さと口コミで医師の腕が良いと評判のクリニックをまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

腫れない!バレない!二重埋没法でおすすめのクリニックはこちら