腫れない!二重埋没法クリニックNavi

失敗しない二重埋没法のためのお役立ちサイト

腫れない!二重埋没法クリニックNavi

アフターケアについて

手軽な二重埋没法は、プチ整形の中でも人気の高い手法です。施術の後はどのようなアフターケアが必要なのかまとめています。

二重埋没法なら自宅でアフターケアができるのも魅力

埋没法で二重まぶたにした場合のアフターケアは、他の施術方法と比較して簡単です。埋没法というのはメスを使用しないことから特別なアフターケアを必要としません。

施術後は多少腫れが生じますが、数日で腫れが引いてきれいな二重になるのが特徴。

少しでも腫れを早くひかせるには、自宅でアイスパックなどを使用してまぶたを冷やします。もし、腫れが続く場合には医師の診察を受けることが推奨されています。

また、個人差はありますが、埋没法の施術を受けた後に内出血することがあります。

内出血がある場合でも、数日ほどで目立たなくなるのでそれほど心配することではありません。多少むくんでいると感じる程度の人が多いので、そのまま出かけることも可能です。

埋没法の施術後に避けるべきこと

アフターケアは殆ど必要ないとはいえ、まぶたはデリケートな状態です。気をつけるべき注意事項を紹介します。

紫外線の多い時期は目深な帽子で目元に影を作って、術後のまぶたに直射日光が当たらないようにしましょう。

また、施術後は体温を高めすぎることを避けてシャワーで済ませるようにすることが大切です。

お風呂で半身浴をしたり、肌を刺激するような日焼けなどはご法度となっており、なるべく体を温めすぎないようにすることが大切でもあります。

はじめは施術跡が目立つことがありますが、1週間経つ頃には腫れも引いて施術跡も目立たなくなっているので安心です。

施術後は直ぐに化粧をすることができるのが埋没法の魅力です。しかし、まぶた周辺には強い負荷がかからないよう、アイメイクは軽めに抑えておきましょう。

このアフターケアの手軽さやダウンタイムが短い点が、二重まぶたへの整形で多くの方が埋没法を選ぶ理由のひとつとも言われています。

埋没法はダウンタイムが少なくリスクの少ない手術といわれていますが、まれに施術後はまぶたにある程度の腫れや内出血が生じる場合があります。

麻酔により手術中は痛みはありませんが、手術後~翌日くらいまでは軽い痛みを感じる人もいるようです。

何か不安に感じるようなことがあれば、まずはクリニックに連絡し、担当医の診察を受けるのがよいでしょう。

アフターケアの充実したクリニックを選ぶ

自分でできるアフターケアなどもあるようですが、やはりアフターケアについては、医師にしっかり確認をおこなってください。施術後、どのような場合に受診が必要なのかなども合わせて確認しておきましょう。

アフターケアのしっかりとしたクリニックであれば、術後トラブルを招いてしまうような原因は取り除いてくれるはずです。

施術後に必要があればクリニック内でアイシングをしたり、自宅へ帰ってからも腫れや痛みが予想された場合は指示があるようです。痛みや腫れ、内出血の度合いによっては薬の処方などもされるようです。

万が一のダウンタイムに備えて、大切なのはアフターケアのしっかりとしているクリニック選びではないでしょうか。

埋没法は、メスを使用しないので他の施術方法と比較して特別なアフターケアを必要としません。多少むくんでいると感じる程度の人が多いので、そのまま出かけることも可能です。

ただし、施術直後にまぶたを手でこすったり、激しい運動、飲酒は避けたほうがよいでしょう。もし、腫れが続く場合には医師の診察を受けることが推奨されています。

腫れない!バレない!二重埋没法でおすすめのクリニックはこちら