腫れない!二重埋没法クリニックNavi

失敗しない二重埋没法のためのお役立ちサイト

腫れない!二重埋没法クリニックNavi

脱脂法との組み合わせ

ここでは埋没法+脱脂法による二重埋没の施術についてどんな人に向いているのか、メリットやデメリットなどを解説します。

埋没法+脱脂法はどんな人に向いているの?

  • 目が腫れぼったい人
  • まぶたが分厚い人
  • 幅広い二重を作りたい人

理想の目元に整形したい。でも、まぶたが分厚くて、メスを使う全切開法しか方法がない!とあきらめていた方におすすめの方法です。

極細の糸を埋め込むことで二重まぶたを作る、もっともスタンダードな埋没法ですが、まぶたの脂肪層が厚く、美しい二重のラインを作ることができないために手術が受けられない方、切開して傷跡が残るのはいやだと今まであきらめていたという方にも可能です。

分厚いまぶたをスッキリさせ、傷跡を残さずに理想の二重を手に入れることができるのが埋没法+脱脂(マイクロカット法)です。

また、二重を幅広く固定したい場合や二重のラインが出にくい方なども、脱脂することによって腫れぼったさが改善されるだけでなく、二重自体の安定性に効果が期待できます。

費用と施術時間の目安

切開法と比べたメリット

二重まぶたの手術は、大きく分けて埋没法と切開法に分類できますが、埋没法は、簡単に言うと切らない二重手術です。毛髪よりも細い糸を使い、まぶたの裏から二重を形成したいラインに沿ってポイントを留めるだけですむ埋没法は、美容整形の中でも手軽で安全性の高い手術と言えます。

特にまぶたの脂肪が厚く、目が腫れぼったい人、アイテープやアイプチをしてもすぐ取れてしまうような方が二重を作るには切開法しかありませんでしたが、埋没法+脱脂法で美しい二重を手に入れることができると人気です。

切開法は、その名のとおり、まぶたをメスで切開し、縫い合わせることで二重を形成する施術方法で、ダウンタイムが長く、負担が大きいことや、仕上がりが気に入らないからといって元に戻すことができないこと、また何よりもメスを使用して顔に傷が残ると抵抗が大きいものです。

それに比べ、埋没法+脱脂法は、大きくメスを入れずに二重整形ができる施術なので、傷跡もなく脂肪を取り除くことができます。埋没法で脱脂を行う場合は、まぶたに約1~2mmの小さな穴を開け、そこから豆粒大の脂肪を吸い出す方法がとられます。小さな穴なので、縫合や抜糸の必要もありません。このようにして、メスを使わずに脱脂を行い、その上で埋没法を行って目元をよりスッキリさせることができます。

ダウンタイムもほとんどなく、すぐに日常生活に戻ることも可能です。術後の通院も必要ありません。

腫れない!バレない!二重埋没法でおすすめのクリニックはこちら

Copyright © 腫れない!二重埋没法クリニックNavi All Rights Reserved.