腫れない!二重埋没法クリニックNavi

失敗しない二重埋没法のためのお役立ちサイト

腫れない!二重埋没法クリニックNavi

共立美容外科

共立美容外科で行っている二重埋没法について、バリエーション、費用、アフターケア(保証)、施術の特徴、体験者の口コミ、基本データなどを紹介します。

保証期間中に糸が取れたら無料で再手術

共立美容外科の二重埋没法は、共立式二重P-PL挙筋法。独自の痛くない麻酔と極細の糸などを使用して、大きくてチャーミングな目元を仕上げてくれます。

一般的に、挙筋法は「眼瞼下垂を生じやすい」と言われていますが、共立美容外科の固定法は、逆に挙筋を上げるような固定を作ることができるので、そういった心配もないのだそうです。

他院の多点法(4点・6点留めは腫れやすい)とは違う超極細の糸を使用して、点と点を結んで二重の線を形成するので、結ぶ糸の強さで目の幅、ラインを自由に設定できるのです。これは医師の高度な技術が必要とされます。麻酔についても超極細30G針使用して痛みを抑える工夫をしているようです。

共立美容外科の特徴

共立式二重埋没P-PL挙筋法で最小限の腫れ

以前は、埋没法施術後にまぶたが腫れるのは当然だと考えられていましたが、その常識を変えたのが共立式二重埋没P-PL挙筋法です。角針を丸針にして摩擦を減らすことで体にかかる負担を軽減し、糸のかけ方や結び方、埋め込み方を研究し続けた結果、施術後の腫れを最小限に抑える埋没法が完成。ダウンタイムを短くしたい方に好評を得ています。

極細糸で目を瞑ったときにもばれにくい

共立美容外科の埋没法で特徴的なもう一つのポイントは、極細の糸を使用しているため目を瞑ったときにもばれにくいという点です。埋没法による二重は糸の結び目によって作られるので、結び目が見えてしまうことがあります。その点極細の糸は見えにくく、まぶたの中に埋め込んでしまうので、結び目が見えることはほとんどありません。また、この糸は皮膚への負担も少なく子どもでも施術可能というくらいです。

共立美容外科の二重埋没法

埋没法

  • 1点 36,000円
  • 2点 54,000円
  • 3点 75,600円
  • 4点 86,400円
    ※追加オプション 32,400円(34Gの針、術前のクーリング、腫れ止めセット)

多くのクリニックでも対応している二重埋没法と同等の施術で、留める点数によって金額が変わります。痛みや腫れに対する不安がある場合、追加オプションを付けることで軽減されます。

共立式二重P-PL挙筋法

  • 64,800円(保障なし)
  • 97,200円(1年保障)
  • 123,200円(2年保障)
  • 162,000円(3年保障)

超極細ともいえる注射針や医療糸を使って、痛みや腫れを抑えるのに加えて、眼瞼下垂の治療にもなる二重埋没施術。挙筋法とは、目を閉じている時は糸がゆるめになって、開いている時はちゃんと固定力を発揮して自然に二重を作るというもの。常に糸が張っているわけではないので、比較的とれにくい方法となります。

共立シェイプ法

  • 259,200円

共立式二重P-PL挙筋法にプラスして、針穴から脂肪を抜き出すことでまぶたを軽めにする施術です。

アフターケア

1年保障、2年保障、3年保障が用意されており、この間に二重が取れてしまった場合の再手術費用は無料です。

二重埋没法が得意な医師

久次米秋人統括院長

共立美容外科全院の統括院長でもあり、新宿本院の院長でもある久次米医師。さらに、日本美容外科医師会の理事も務めるなど多方面で活躍されている方です。既に様々な実績を誇っている医師ですが、日本美容外科医師会を含めて6つの学会に所属し現在でも美容外科分野の研究に励まれています。ホームページでは、難易度が高いと言われる二重の幅を広げるための埋没法を行った施術事例を見ることができ、その違和感のない自然な美しさを実現させた仕上がりはさすがです。

経歴

1983年 金沢医科大学医学部 卒業
高知医科大整形外科 入局
1989年 東京本院品川 開院

認定医・専門医

日本美容外科医師会 理事

日本美容外科学会 認定専門医

遠山貴之医師

遠山医師は共立美容外科岡山院の院長も務められている方で、日本美容外科学会から「認定専門医」として認められています。また、麻酔科の専門医でもあるので施術の際に麻酔を用いる場合でも安心です。遠山先生の二重埋没法施術事例はホームページにも掲載されていて、そのお話からは目元全体のデザイン力に優れていることが伺えます。二重埋没法の完成度の高さはもちろんのこと、患者の顔立ちをよく観察して最も美しくなる方法を提案してもらえるでしょう。

経歴

1997年 順天堂大学医学部 卒業
順天堂大学医学部付属病院 麻酔科 入局
2006年 共立美容外科 岡山院院長就任

認定医・専門医

・日本美容外科学会 認定専門医

・麻酔科 専門医

望月香奈医師

望月医師の二重整形術の症例数は約2,000。二重整形と細かな施術を得意としているため、埋没法には最適な医師です。多数の認定医、専門医の資格を持っている上、様々な病院での経験があり、女性ならではのきめ細やかさで理想の二重を実現させてくれるでしょう。

経歴

2009年 東京女子医科大学医学部 卒業
東京大学病院 形成外科 美容外科入局
2011~2014年 帝京大学病院、関東中央病院、都立墨東病院 入局 (医局派遣)
2013年 大手美容外科・美容皮膚科 入職
2015年 共立美容外科 入職
2017年 共立美容外科 立川院院長就任

認定医・専門医

日本形成外科学会専門医

ボトックスビスタVST 認定医

ジュビダームビスタ 認定医

原発性腋窩多汗症認定医

このように、共立美容外科にも埋没法が得意な医師が在籍していますが、他のクリニックにも様々な技術を持った医師が所属しています。満足できる二重を実現させるためには、多くのクリニックを比較、検討することが大切。次のページでは、共立美容外科以外のおすすめクリニックも紹介しているので、こちらもぜひ参考にしてください。たくさんのクリニックを検討して、自分に合ったところを見つけましょう。

他のクリニックも検討したい方はこちら>>

体験者の口コミ

ちょっとだけ痛かったけど、すぐ終わりました!

「多少痛みはありましたが、ほんとにあっという間に終わってしまいました。手術というからには、もっと大掛かりなものかと思っていたのでちょっとほっとしました」

アイプチから解放された…

「術後は少しまぶたが腫れたけれど、翌日はぱっちり二重になっていて、とても嬉しかったです。アイプチの費用も長く続けているとけっこうかさんでしまうので、手術のほうがお得だと思います」

自分に自信が持てるように

「手術を受けてから自分に自信が持てるようになりました。引っ込み思案な性格も直るんじゃないかなあって期待しています」

あっという間に終わって驚きました

「多少痛みはありましたが、ほんとにあっという間に終わってしまいました。手術というからには、もっと大掛かりなものかと思っていたのでちょっとほっとしました」

容姿を褒められることが増えました

「子どもの頃から二重に憧れ、大学入学後も「目付きが悪い」などと同級生からからかわれたので、毎日アイプチをしていました。学校帰りに病院で手術を受け、翌日は普段通りに学校へ行きました。手術後の痛みはあまり気になりませんでした。二重になってからは容姿を褒められることも多くなりました」

予想より痛くなかった

「左右の差がひどくて、メイクをすると目の大きさが違うなど、何かと面倒臭くて左右の幅を揃えれば同じようになるかなと思って受けました。思っていたより痛くなかったです」

追加オプションで腫れない施術

「6年ほど前だったのですが、他のクリニックで二重埋没をしたことがあって、それがとれてしまいまして。とりあえずメザイクでカバーしていたものの、面倒になってしまい、もう一度ちゃんと二重施術を受けよう!と思いました。クリニックに行ってみるとけっこう患者さんがいましたが、先生のカウンセリングはすごくソフトな感じで、ネットで調べておいた評判のよさに間違いなさそう。施術も前の時は注射がかなり痛かった記憶があったのに、今回は痛みもなかったです。追加オプションのおかげで腫れもなく、他の人にもオススメできます」(20代)

一重の悩みを二重施術で解消

「生まれつき一重まぶたで、中学時代には人から“にらんでいるように見える”と言われたり、自分でもすごく悩んでいました。アイプチを使ってはいましたが、手間がかかるし上手くいかない日もあったりして、二重施術をしようと決めました。このクリニックは腫れない施術ということでネットでも評価されていました。私は麻酔注射を最も細い針でお願いしたのであまり痛みもなく、結果として施術後も腫れませんでした。違和感のない二重になれてよかったです」(10代)

アイプチのムダを二重でなくす

「いつもアイプチを使って二重にしていたものの、やはりムダに時間がとられることから、施術を受けて二重にした方がいいかなと。ネットでいろいろ情報を集めたところ、このクリニックがよさそうでした。施術をした直後はけっこう腫れていたのと、痺れるような痛みも感じたのですが、クールダウンすると落ち着きました。腫れは1週間も経つとひいていて、トータルで3週間経った頃、二重の幅も落ち着いたようです」(10代)

臆病でも痛くない施術なので安心

「長年つけまやアイプチを愛用していて、近年は左目が薄めの線ながら二重になっている状態。ノーメイクで写真に写るのに抵抗があって、施術は否定的だった母親も最終的には賛成してくれたので、こちらのクリニックにお世話になりました。臆病な性格なので即実行しようと予約をとって、姉にも同行してもらいました。痛くないオプションも付けて、10分ほどで施術は終了。次の日は出勤できましたし、親切なご対応に感謝しています」(30代)

40代で幅が狭まった二重を施術

「40代ということもあってか二重まぶたの幅が以前よりも狭まっていて、ラインをよりクッキリさせようと施術をお願いすることにしました。インターネットで共立美容外科の口コミを見たところ、施術後の腫れが見られないという投稿があったことも決め手です。施術に要した時間は両まぶたで30分ほど。オプションを追加していたので痛くありませんでした。この日はギリギリまで悩んだのですが、スタッフさんが親切にしてくれたことで決意できました」(40代)

メザイク使用でまぶたが伸びていた

「二重埋没のクリニックについてネットで検索してみたところ、このクリニックは多くの書き込みが見つかるなど、知名度の高さもあって相談におじゃましました。アイプチやメザイクを使う手間をどうにかしたくて、カウンセリングを受けてわかったのですが、メザイクの影響でまぶたが伸びてしまっていたようです。施術した直後はまぶたが気になる感じがしたのですが、翌日には普通になっていました。腫れもなく1週間でキズも見えなくなりました」(20代)

施術4日後に落ち着いた状態に

「最初の頃、アイプチを使うのは休みの日だけだったのが、二重がわかりにくくなったので毎日使うようになっていました。そのせいか、まぶたの皮膚が荒れたり、アイプチが汗でとれることもあり、施術を考えました。施術の後すぐ自分で見てイメージ通りの二重になっていましたが、次の日には幅が広くなっていて心配したのですが、4日ほど経って落ち着いた状態になっています。おかげさまでノーメイクの目元でも引け目を感じなくなりました」(20代)

共立式二重P-PL挙筋法で二重施術

「私は二重まぶたですがその幅があまり気に入っていなくて、まぶたがくぼんだ感じなのが悩みでした。共立式二重P-PL挙筋法は痛みもなく施術後に腫れないということを知って、こちらのクリニックに。わかりやすくて詳細なカウンセリングをしてもらったので、安心して施術が受けられました。施術後は翌日・翌々日あたりはちょっと腫れていたように思いますが、翌日にはメイクもOKで、あとは問題ありません。こちらの二重埋没を受けてよかったです」(30代)

施術後、本当に腫れていなかった

「メザイクとアイプチを使っていて、アイシャドーがうまくいかずいつもメイクに手間がかかっていて、友人とも二重施術の話が出たりしていたので、いいクリニックがないか探していました。共立美容外科は友人がお世話になったこともあるのと、自分でも知っていたクリニック。カウンセリングでは、こちらの要望を聞いた上で、より適した二重幅を提示してくれて、専門家だし信用できると思いました。当日、施術の後に自分で見て、本当に腫れていないので驚きました」(20代)

他院との比較でP-PL挙筋法を選択

「自分でも重たい感じの一重だということはわかっていて、前にこことは違う美容クリニックで相談したところ、脂肪摘出が必要で費用は9万円と言われました。その後に知ったのが共立美容外科で、料金も良心的で、独自の施術方法もことから問い合わせをしました。結局、共立式二重P-PL挙筋法で二重にしてもらったのですが、この施術は痛くないし腫れたのも当日ちょっとだけ。自分自身が望んでいた二重になれたので、すごく嬉しいです」(10代)

※共立美容外科は2017年8月現在、全国に21院展開しています

腫れない!バレない!二重埋没法でおすすめのクリニックはこちら
腫れない!バレない!二重埋没法でおすすめのクリニックはこちら

Copyright © 腫れない!二重埋没法クリニックNavi All Rights Reserved.